救急科(ER)ブログ

命の授業

2019.01.22   淺野祥孝
1月15日(火)午後に川越市の特別支援学校の44名を対象に「命の授業」を展開していきました。
高校生1から3年生になります。
川越市の特別支援学校は軽度の学習障害のあるお子さんが通う場です。
肢体不自由の生徒さんはいません。
重度の心身障害のあるお子さん、肢体不自由のあるお子さんは、
県の特別支援学校に通うようです。

特別支援学校


皆さん非常に熱心でした。
学校の先生に多くのサポートをいただきながら授業を展開しました。
丁寧に説明すれば多くを吸収してくれている印象です。

特別支援学校という場に足を踏み入れるのが初めてでしたので、
不慣れで、多少ご迷惑をかけたかもしれません。
どこまでの漢字を使うべきか、どこまでの数学の知識を使うべきか(割合等々)、
適切に対応できたかに一抹の不安を残します。

少しでも多くが伝わっていることを祈るばかりです。

写真は授業を展開する安齋さんです。