救急科(ER)ブログ

スタッフ抄読会

2019.08.07   淺野祥孝
7月29日(月)に抄読会を行いました。

スタッフ抄読会中村先生 研修医抄読会竹ノ谷Dr 大谷Drです。

中村先生
Laryngeal mask airway versus bag-mask ventilation or endotracheal intubation for neonatal resuscitation
Qureshi MJ, Kumar M.
Laryngealmask airway versus bag-mask ventilation or endotracheal intubation for neonatal resuscitation.
Cochrane Database of Systematic Reviews 2018, Issue 3. Art. No.: CD003314.
・コックンレビューの題材です。
・新生児におけるラリマ、マスク換気、挿管
・Prehospitalでの小児の換気が困難であることが散見。代替としてラリマは?との視点で調べています。
・論文より、新生児においてラリマは換気、挿管と比較して悪くない。Igelも出ているし・・・。
・今後のプラクティスへの反映としては、新生児蘇生においてフライトクルー、WSクルーは考慮してもいいかもしれない。
・救急隊へは成人に対してもラリンゲルチューブを選択している現状においては、厳しいか?
・論文の患者層が34週以上、1500g以上であり本物の呼吸器疾患であるRDS、severeなTTN等にラリマが対応できるかは不明。

大谷先生 学校における心肺蘇生事象の検討
Sex Disparities in Receipt of Bystander Interventions for Students Who Experienced Cardiac Arrest in Japan
Satoshi Matsui, et al
JAMA Netw Open. 2019 May; 2(5): e195111.
・学校における心肺蘇生事象に対して、女性特に高校生以上でAEDの装着率が著しく低い。
・脱衣が問題。着衣しながらの装着使用が可能を伝える必要あるか?
・この差による死亡率等のアウトカムの差については言及なし。
・同時に男女ともCPR施行率、AED装着率が100%でないことも問題。

竹ノ谷先生
腸管気腫症について(色々読んでまとめた)
・発症年齢は27~85歳で,50歳台の男性に多いとされる
・大腸内視鏡検査症例の0.02~0.3%
・保存で治る場合もある。
・手術適応は
①腹痛の強さ
②腹膜刺激徴候
③イレウス,大量腹水
④CRP,白血球数
⑤画像所見(bubblelike,bandlike)

以上です。