埼玉医科大学救命救急センターは、全国で9番目に指定された高度救命救急センターです。
診療困難な重症患者に常時対応し、積極的に受入れています。

お問合せ リンクサイトマップ

menu_r_00.jpgmenu_r_top.jpgmenu_r_top.jpgmenu_r_rinen.jpgmenu_r_rinen.jpgmenu_r_taisei.jpgmenu_r_taisei.jpgmenu_r_r&d.jpgmenu_r_r&d.jpgmenu_r_access_on.jpg

堤教授・病院長

tsutsumi_interview02.jpg
埼玉医科大学総合医療センター 病院長である堤教授に、救命医療や高度救命救急センターについて語ってもらいました。救命医療の魅力と救命救急センターに求められる人材について、学生や研修医のあり方、専門分野への取組みについてなど、様々な角度からインタビューし、このページではQ&A形式にまとめて掲載いたしました。

bar_q&a_tsustumi01.jpg

私どもの高度救命救急センターは、年間に、一次、二次救急合わせて四万数千人の患者さん、三次救急は千数百人の患者さんが運び込まれます。いずれも生きるか死ぬかの、非常に重篤な方ばかりです。そのような患者さんの治療に当たって、医者をはじめとするスタッフ達は、自分が頑張らないと、その人の命が失われるという、非常に緊迫した厳しい状況で仕事をしています。だからこそ、自分が頑張ったことで患者さんの命が救われたときには、これはもう、非常に大きな喜びです。その喜びのために、どんなにきつくても、日夜仕事しているような感じです。

 もちろん、中には一所懸命やったけれど力が及ばず、命を落としてしまう患者さんもいらっしゃいます。しかし、そういう場合も、患者さんの家族が納得して「よかった」と思っていただけるような、看取り方ができる治療を提供していきたいと思っています。

「ひとつでも多くの命を救いたい」というのは、医療に携わる者の共通の思いです。自分が頑張ることで、重篤な患者さんの命を救う、またその家族に納得していただく、それが救急医療の一番の魅力なのだと思います。

bar_q&a_tsustumi02.jpg

救命救急センターに入ろうとするときに、皆さん悩まれるようですね。ひとつは、自分の能力が、救命救急の現場で通用するのだろうか、あるいは専門性が確保できるのだろうかと、そういうことを心配されます。しかし、救命救急センターで働くことで得られる一番大きな力は、患者さんの全身管理が習得できるということです。外来と違って、患者さんが診療科を選んで来てくれるわけではありません。様々な重篤な患者さんが運び込まれてくるので、呼吸、循環管理、体液管理、あるいは感染に対する管理、そういうものすべてに対応するため、すべてを学ぶことができます。全身を診る習慣ができるというのは、非常に大きいと思います。

 細かいスキルで言うと、基本的な挿管にしろ、中心静脈の確保や人工呼吸器の使い方、あるいは血液浄化の方法など、ありとあらゆるものが短期間で集中的に学べます。それは他の科では、絶対習得できないものです。

bar_q&a_tsustumi03.jpg

私どもの救命救急センターでは、将来日本の救急医療を背負って立つことができる人材、そういう人を求めています。皆さん自信がないと言われるかもしれませんが、ここで研修を積めば、ほかの様々な施設でも、必ずトップで活躍できる人材になれると思っています。
 私どもの救命救急センターで育った人には、現在、各所で活躍している人が大勢います。大学病院の人もいれば、一般病院の人、開業している人もいます。それぞれがみんな、この救命救急センターで培った力を発揮して、社会に貢献できているということです。

 はじめは誰でも未熟です。でも、数年後には大きく成長している自分を感じることができるはずです。

bar_q&a_tsustumi04.jpg

今の日本の救急医療体制は、ある意味で変革期に来ていると思います。
 今までは、二次病院を中心としてひとつひとつの施設が少数の症例を扱うなど、患者が分散していました。これからの日本の救急医療というのは、今までの分散型ではなく、地域にひとつの大きな救急を扱う医療施設を作り、そこに患者を集約させると言うことが求められていくんじゃないかと思います。
 症例が集まれば集まるほど、経験を積めば積むほど、治療成績が上がるというのは、医学の範囲では常識になっているからです。
 私どもの救命救急センターは、全国で9番目の高度救命救急センターに国から指定されており、東日本でも、唯一の高度救命救急センターという位置づけになっています。ですから私どもの救命センターは、北関東を中心とした大きな地域から、重症患者を集約させて、治療を行うことが求められています。そして患者さんを集約させるためには、ドクターヘリなどの新たなシステムも極めて重要になってきています。

bar_q&a_tsustumi05.jpg

私どもの救命救急センターには、非常に多種多様な人間がそろっております。でもひとつの組織で、皆が同じに考えになる必要は決してありません。一人ひとりが、自分の意見がある、自分の意見を持てる、自分の意見を述べられる、そういう組織づくりを目指しています。
 救命救急センターと言うのは、名前のごとく、内科とか外科とか、均一のものを扱う場所ではありません。内科系の医者もいれば、外科系の医者もおり、脳外科、整形外科、麻酔科、従来の科で言う様々な診療科の医者が一箇所に集まっています。
 そこで繰り広げられる議論と言うのはものすごく充実しています。
脳外科の医者が外科の医者の治療に文句を言ったり、あるいは外科の医者が内科の治療に文句を言ったりと、実に様々な議論がなされる...。そういう議論の中で新しいアイデアと言うものが次々と生まれているのだろうと思います。
 実際、私どもの救命救急センターでは、かなり面白く、独創的な研究が行われております。それは、外科とか、内科とかいうそういう中では絶対に生まれないような研究です。

bar_q&a_tsustumi06.jpg

私どもの救命救急センターに勤務している医者の出身大学を見ると、北は北海道から南は九州まで、全国様々なところから来ています。いわゆる旧来型の学閥と言うものは全く存在しません。出身大学の全く異なる医者が、日本の救急医療を良くしたいという思いで集まってきているのだと思います。

bar_q&a_tsustumi07.jpg

私自身は、大学を卒業して脳神経外科というところに入局しました。
 大学から一般の市中病院に脳外科として派遣され、そのときは脳外科の手術をたくさんやりたいと日夜働いていましたが、一般病院で来る患者さんで純粋な脳神経外科の患者はほとんどいません。
様々な多発外症であったり意識障害であったり、私なりに一生懸命やってきましたが、自分の専門外のところで多くの患者さんを失ってしまったという苦い経験があります。
 その時は自分でも本当に様々な勉強をし、自分で診察をして、血管撮影をして、検査をして、患者さんに説明をして、麻酔をかけて、手術をして、そして術後はまた一人で術後管理をするという果てしない戦いで、それはそれで充実していました。しかし、あるとき重要なことに気がつきました。
 たとえ自分が勉強してあるところまでできるようになったけれども、結局自分が当直で居ない時には多くの患者さんが命を落としている。一人の医者がどんなに頑張っても限界がある。これはもう、一人の医者の能力ではなく、システムや体制の問題なのではないかと。
 そう思ったとき、救急を専門にやる組織を作らなくてはいけないんじゃないかと思って救急医療の道に入っていったのです。
 今、こういう救命救急センターという組織を作って、自分が手術しているとき、手術が終わった後は他の人間が術後管理をしてくれる、あるいは他の人間が手術をしているときは術後を自分が見るという、チーム医療がなされている。それは、非常に充実した医療、安心できる医療という感じがします。
 救命救急センターのいいところは、やはりチーム医療を行っていることだと思います。医師同士のチームと言うのもありますし、医師と看護師というチームもある。あるいは医師とME技師・放射線技師というチームもある。さらに最近もっと重要だと思っているのは、救急隊員とのチーム医療なのです。病院に来る前、来た時の患者の状態が悪ければ、我々医療スタッフが病院でどんなに頑張っても、治療成績はそんなに上がらない。ところが救急隊員と一緒にお互い情報交換しながら、いい状態で病院に来れば、治療成績も上がる。そういうチーム医療が大きな魅力であると思います。
 埼玉県においても、そういう救急隊との様々な連携の中で、交通事故死亡者の数が近年激減しています。それは救急隊員が病院にくるまで一生懸命やっているということの表れだと思います。そういう意味で、皆が協力しあって地域の医療を支えるということが、何よりも重要なのだと感じています。

bar_q&a_tsustumi08.jpg

私自身は、大学時代ボート部に属していて、あまり勉強していませんでした。
 確かに、学生時代真面目にやってた人が基礎でも活躍してる場合が多いと思うんですけども、臨床系に関しては私の見るところ、学生時代あまり勉強しないでスポーツだとか、遊びとか、麻雀とか、そういうのに一生懸命やってた人間が立派な医師になってるな、という感じがあります。
 でもそれは、遊んでればいい医者になれるという事ではなく、卒業して、みんな必死になって勉強したのだろうと思います。学生時代の成績がいいとか悪いとかで医師になれるかどうかが決まるわけではなく、気にすることはありませんが、いずれにせよ努力は必要だと思います。

bar_q&a_tsustumi09.jpg

今、臨床研修員制度が始まって『2年間いろいろな病院で研修を積む』ということになっていますが、2年終わった段階でどうしようか悩むのではないかと私は思います。もちろん私どもの救命救急センターでは、2年終わった後でも歓迎しています。
 でも私どもの救命救急センターで1~2年全身管理を学ぶと、どこの科に行っても非常に重宝されるのはもちろんのこと、それだけの臨床能力を身に付けていれば大事にされるし、その後専門に進まれても非常に伸びると思っています。
 救命救急センターで1年間研修して、それから外科に行ったり、泌尿器科に行ったり、循環器内科に行ったりという人もいますけども、2年目の時点で皆、既存の各課で育った人よりも遥かに高い臨床能力を身に付けています。
1年間やれば、各課の病棟医長と対等以上に渡り合えるだけの力がつくと思いますし、そのようになりたい人を積極的に求めています。

bar_q&a_tsustumi10.jpg

救急医療の分野でも、救急の専門医、指導医という資格があります。けれども、それと共にもうひとつサブスペシャリティとして何かの専門医を持つというのが、私どもの目指す一番大事なところです。
 例えば外科の専門医であったり、内科の専門医であったり、循環器の専門医であったり、そういうのは医師として重要ですから、ずっと救命センターでそのままというのではなく、救命を志すからこそ、ある一時期そういう科に行って、専門の勉強をしてまた戻ってくるということも考えております。あるいはそのまま各課に行っていただいても全く拘束するものではありません。
 また、最近は学位というものをあまり重要視しなくなっている、という感じがしますけども、僕は長い医者の人生の中で、やっぱり一定期間はきっちりした研究をやって、論文を書いて、その結果として学位をとって欲しいと思っています。学位をとること自体が目的になると言うのは決して好ましいことではありませんが、勉強する、論文をまとめる、そういうことは医師として必要だと思っています。

 幸いな事に私どもの大学は、旧帝国大学と違って、まだ博士号が非常に取りやすい状況にあります。そういうチャンスがあれば必ず学位をとる、という気持ちで臨んで欲しいと思います。
 臨床の中で感じたテーマでやれば、そういうのが本当の研究だろうと思います。当救命救急センターで学位をとった中には、ココアの研究で博士号を取った人もいますし、熱傷でとった人もいるし、非常にユニークなテーマで研究がなされています。

 既存の各課の研究体制では、教授、助教授、講師の方々がいて、各々既存の研究テーマが存在し、若い先生は研究のラインの中でどこかに組み込まれて仕事をさせられる、というような感じですよね。
 ところが私どもの救命救急センターが面白いのは、下の意見が積極的に取り上げられるところだと思います。

例えばココアの研究なのですが、かつて非常に重篤で命を落すだろうと思っていた者さんが居て、主治医が、じゃあ好きなものを食べなさいと言ったところ、その患者さんはチョコレートを一日何枚も食べていたんです。そしたら、どんどんそれから良くなって、重篤な傷が治ってしまったということがありました。その時若い先生が、これはココアの成分が傷を直すと言う事に働いたんだ、ということを軽く言ったんです。普通だったら、そんなことはないだろうと、一言で終わるんですけども、当救命センターの医師たちは、確かに何かあるかもしれない、ということに気づき、研究がはじまった。現場の見た人の意見で研究がスタートした。そして今では、ココアだけでも大きな研究テーマになっています。
 現場で感じたことを一笑に付さない・・・そういう土壌を、当救命救急センターは持っており、それが当救命救急センターの力にもなっているのだと感じています。

bana_kinmuibo200_200_02.jpgbana_kinmuibo200_200_02.jpg

bana_kensyuibo200_200_01.jpgbana_kensyuibo200_200_01.jpg

勤務医・研修医大募集!!勤務医・研修医大募集!!

運動器外傷運動器外傷

にがとんにがとん

bana_doctorheli200_100_02.jpgbana_doctorheli200_100_02.jpg

見学希望募集見学希望募集

堤教授インタビュー堤教授インタビュー

スタッフ紹介スタッフ紹介

bana_photogallary200_50_02.jpgbana_photogallary200_50_02.jpg

bana200_50_movie01.jpg

bana_dvd_200_50.jpgbana_dvd_200_50.jpg