埼玉医科大学救命救急センターは、全国で9番目に指定された高度救命救急センターです。
診療困難な重症患者に常時対応し、積極的に受入れています。

お問合せ リンクサイトマップ

menu_r_00.jpgmenu_r_top.jpgmenu_r_top.jpgmenu_r_rinen.jpgmenu_r_rinen.jpgmenu_r_taisei_on.jpgmenu_r_r&d.jpgmenu_r_r&d.jpgmenu_r_access.jpgmenu_r_access.jpg

救急医療体制

s_menu_system_shinryo.jpgs_menu_system_shinryo.jpgs_menu_system_equipment.jpgs_menu_system_equipment.jpgs_menu_system_organization.jpgs_menu_system_organization.jpgs_menu_system_iemec.jpgs_menu_system_iemec.jpg
ドクターヘリとの連携災害拠点病院災害拠点病院DMATへの取組みDMATへの取組み地域との連携地域との連携

ドクターヘリとの連携

遠隔地にも救急医療を

doctor_heli埼玉県民700万人の三次救急医療を担う6つの救命救急センターは、ほとんどが東京寄りの地域に集中していて、県北や秩父地方などは、救命救急センターへの搬送に長時間を要しているのが現状です。そのため、遠隔地の救急医療体制の整備が急務でした。この背景下に埼玉医科大学総合医療センターは、平成17年8月1日、県から埼玉県防災ヘリコプターを使用しての『ドクターヘリ』運用を依託され、活動を開始しました。
ドクターヘリの要請があれば、医師・看護師をピックアップしてもらい、ヘリで現場近くの離着陸場に飛び、現地に急行しています。ヘリには、モニター類、酸素、吸引器、大量輸液セットなど各種医療資機材を搭載して、 救急現場での標準的な救命医療と、適切な医療機関への搬送を可能にしています。

smartニックネームは『SMART』
この活動にあたっては、当救命救急センターが中心となり、登録医師22名、看護師16名によるフライトチームを構成しています。さらに医師・看護師各1名は、常時出動態勢をとっています。 また、救命救急センターに隣接するヘリポートも建設中です。
チームのニックネームは、SMART(Saitama medical air rescue team)。グリーンのユニフォームに身を包み、防災航空隊と一緒に活動しています。

当センターでは、常時フライトドクターを募集しています。
以下のフォームから受付けております。
(通信欄に『フライトドクター希望』とご記入ください。)

oubo_red.jpgoubo_red.jpg

bana_kinmuibo200_200_02.jpgbana_kinmuibo200_200_02.jpg

bana_kensyuibo200_200_01.jpgbana_kensyuibo200_200_01.jpg

勤務医・研修医大募集!!勤務医・研修医大募集!!

運動器外傷運動器外傷

にがとんにがとん

bana_doctorheli200_100_02.jpgbana_doctorheli200_100_02.jpg

見学希望募集見学希望募集

堤教授インタビュー堤教授インタビュー

スタッフ紹介スタッフ紹介

bana_photogallary200_50_02.jpgbana_photogallary200_50_02.jpg

bana200_50_movie01.jpg

bana_dvd_200_50.jpgbana_dvd_200_50.jpg